May 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

第57回通常総代会を開催しました

 釜石地方森林組合は2月26日に第57回通常総代会を開催し、「令和1年度事業成績及び剰余金処分案の承認について」「令和2年度事業計画の設定について」など8本の提出議案がすべで可決されました。

 久保知久代表理事組合長は「令和元年度は釜石市尾崎半島の林野傘復旧を最優先として取り組んでいたが、昨年秋の台風19号で林地の崩壊14ha、作業道の崩落8000m、鹿柵の流出6000mなどの甚大な被害を受け、1ヶ月以上にわたり作業は中断、懸命の復旧作業により現在は作業道に近い部分の作業を進めています」と報告。「市と連携し早期復旧作業完了につなげていきたい。令和2年度も林野火災復旧に主力を注ぐとともに組合員の山林の整備も進め、総力を挙げて組合経営と山林の管理に取り組んでいく」と決意を述べました。

 

 総代200名のうち本人出席108名、書面議決58名、委任状3名−−による採決の結果、第1号〜第8号まですべての議案が可決されました。

 

総代会で承認された令和1年度事業成績(決算)は、森林組合だより6号に掲載した上、当組合のホームページにもPDFを公開致します。

pagetop