May 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

バイオマス収益を財源に再造林促進を目指す「釜石地域森林整備基金」記者会見

 釜石地方森林組合と岩手県森林組合連合会は、釜石地方森林組合組合員(山林所有者)を対象に再造林費用を助成する「釜石地域森林整備基金」を開設しました。3月に第1回助成金交付が決定したため、釜石市長も同席のもと4月12日に記者発表を行いました。基金の財源は、県森連、釜石森組が新日鐵住金(株)釜石製鉄所内の石炭火力発電所に納入している木質バイオマス(間伐後の山林に残った枝葉や販売できない丸太)販売代金の収益の一部です。助成金によって組合員さんの再造林の経済的負担をなくすことで、地域の再造林を進め持続可能で健全な森づくりを促進していきたいとの狙いがあります。

 

○背景1 〜進まない再造林と東日本大震災

 林業の課題はたくさんありますが、昨今釜石地域で深刻なのが再造林が進まないことです。「再造林」というのは、山の木をすべて伐って(全伐、皆伐)その跡地に植林をして再び山を造っていくことを指しますが、木材価格の低迷で山林の価値が下がったことやこの地域ではシカが苗木を食べてしまう被害が多いために、伐った跡に植林をしない山林所有者さんが多くいます。さらに東日本大震災でご自宅などの資産を失い、生活資金や住宅再建資金を捻出するために皆伐しそのまま放置する方も少なくありません。管内では震災後に200ヘクタール以上が伐採されています。

 

○背景2 〜木質バイオマス供給

 一方で、当組合では釜石市、新日鐵住金釜石製鉄所とともに2006年から同製鉄所の石炭火力発電所への木質バイオマス供給実現に向けて、検討と実証実験を重ねました。「釜石市緑のシステム創造事業」として、釜石市から補助を受け高性能林業機械の導入や木質バイオマスを山から出すための作業道の開設に取組み、新規に雇用も増やしました。

(緑のシステム創造事業の補助金を活用して導入した高性能林業機械)

 5年間は目標納入数量を年間5000トンと設定し、順調に納入をしてきましたが、2011年の東日本大震災津波で当組合も役職員、事務所、データ等を失い組合存続も危ぶまれる事態になりました。他方で、震災による福島第一原発事故により再生可能エネルギーは注目を集めることとなり、同製鉄所との話し合いの結果、目標納入数量を48000トンまで引き上げることとなりました。そのため、当組合の上部団体である県森連に協力を要請し、県内他地域からも納入することになりました。

 当組合からの納入も12000トン(2016年実績)に増加したため、地域の森林整備の促進と組合員支援のために「釜石地域森林整備基金」を設置したい意向を県森連に伝え、当組合分の販売代金収益の一部を積み立てることに賛同いただきました。

 

○記者会見

 今回の助成対象となったのは管内の釜石市大槌町の8地区(所有者8名)の30.58ヘクタールです。このなかには当組合と企業の社員ボランティアや市民の皆さんと植樹をした同市箱崎町の山林も含まれます。基金の中から500万円程度を使い、再造林の費用に充てました。具体的には▽植樹の前の地拵え(皆伐した際に残った枝などを片付け、植樹の準備をすること)の費用▽苗木(スギ、ナラ、トチなど)の購入代金▽植樹の費用ーーに充当しました。

 12日の会見では、県森連の澤口良喜代表理事専務から「この取組みをきっかけに県内全域に広がり、岩手県の再造林を含む適切な森林整備につながっていけばありがたい」とコメント。当組合の久保知久代表理事組合長は「当組合管内は9割が森林。この資源を活用し地域経済が活発化するのでは、という思いをずっと持っていた。管内の森林資源を持続可能なものにするとともに低炭素社会の実現と森林の持つ公益的機能の向上に努めながら地域経済の活性化に努めていきたい」と話しました。

 また、この助成金の基盤にもなっている「緑のシステム創造事業」を進める釜石市の野田武則市長は「民間主体の先進的な取組みをしてもらった。再造林の促進になると期待している。釜石の製鉄と森林は歴史的に密接なかかわりがあり、この関係が新たな形となり木質バイオマス混燃発電につながっている。今回の基金の取組みを契機として官民連携して森林資源の有効活用と森林整備を充実させていきたい」とのコメントをいただきました。

 

 釜石地方森林組合では2017年度もこの基金を使い30ヘクタール程度の再造林を進めていきたいと考えています。

当組合の組合員さん、管内に山林を所有する方についてはぜひ「森林経営計画」を結んでいただき、この助成金を活用していただきたいと思いますので、お気軽におといわせください。

※問い合わせ先=釜石地方森林組合・高橋(0193・28・4244)

(広報担当=手塚)

 

千代田化工さんに木製品納品

 東日本大震災後の2013年から定期的に当組合でも活動していただいている千代田化工さんですが、これまでにも釜石大槌産材の「スマートフォンスタンド」をたびたびご注文いただき、昨年はご購入いただいた金額の一部を釜石市内で活動する団体にご寄付いただきました。

 今回は、4月に開かれる外国人向けの展示会にお使いいただく一合枡とスマホスタンドをご注文いただき、3月中旬に納品いたしました。

枡は1面が千代田化工さんのロゴに桜の花びらが舞っているという春らしい絵柄♪です。裏面は、シンプルに当組合のロゴです。枡はヒノキが一般的ですが、当組合の枡はスギでできています。1個につき50円は被災した山林所有者(組合員)が植林をする際の苗木購入に充てております。ロゴ入れ(レーザー加工)は釜石でひきこもりの方などの支援をしているNPO法人かだっぺしにお願いしました。

 

そしてこちらがスマホスタンド。

今回は説明書が日本語バージョンと英語バージョンの2タイプです。外国のお客様にも喜んでもらえるとうれしいです。

 

こちらのスマホスタンドは、事務所にサンプルを置いていたところ、地元金融機関さんからもご注文をいただくなど、ひそかな人気商品です。ご興味のある方はぜひ実物を見にいらしてくださいね。このほかにも企業様の木製ノベルティのご注文にも対応させていただきますので、お気軽にご相談ください。

釜石地方森林組合(電話0193・28・4244)で高橋か手塚までお願いします。

 

(木製品担当:手塚)

子どもも大人も♪ 間伐見学&my箸づくりを行いました

 釜石市内全域で体験プログラムを提供するMeetup Kamaishi のひとつとして、釜石地方森林組合では「森の手入れを知ろう! 間伐現場見学&間伐材deお箸づくり」と題したプログラムを提供しました。首都圏のほか盛岡、二戸、北上など県内各地から計16人の方が参加してくれました。

 

 まず最初に、参事から「山の手入れって何?」「なぜ間伐って必要なの?」といったことをお話しました。当組合の震災後の取組みなどもご案内。

間伐の意義について知っていただいたところでいざ間伐現場へ!

今回の現場は市内箱崎町という半島部にあり、東日本大震災津波の被害から復興の只中にあります。こちらの現場では、今回の「鉄人」こと坂本和幸グループ長率いるイケメン林業男子3名と、今回の現場を所有する組合員(山林所有者)の植田さんがお出迎え。

(右から、鉄人の坂本グループ長、久保、黒澤)

坂本から間伐の一連の作業や林業機械についてご説明した後、組合最年少の黒澤がチェーンソーで木(スギ)を倒し、久保が集材(伐った丸太を集めること)し、坂本が造材(丸太を決まった長さに切ること)という作業をお見せしました。

一連の作業を見てもらった後で、子どもさんと希望者は、坂本グループ長と一緒に林業機械に乗り操作を体験しました。

(上手に切れたかな♪)

参加者のみなさんは「機械や木の倒れる音がすごかった!」「初めて伐採の現場を見ました!」などテンションが上がった様子でした。

 

間伐がどんな作業かを知った参加者一行は、間伐材のお箸づくりに挑戦!

使うのは、現場で伐っていたのと同じスギです。作り方はシンプル。1センチ角の間伐材を溝に当てて出っ張った部分をかんなで削り、形ができたらやすりで形を整え、最後に蜜蝋のクリームを塗ったらできあがり!

参加者にはかんなを使うのは初めてという方もいましたが、みなさん順調にかんなで削って仕上げていきました。

去年は植樹をがんばってくれた姉弟、今年もがんばってお箸を仕上げました! 将来は職人かな、たのしみです(笑)

お箸づくりは速い方は30分程度で完了しました。

 

お箸をつくってみたい方に朗報! 3月25日、26日に大船渡市民体育館で開かれるさんりくるっと に釜石森組ではお箸づくりのブースを出します。1膳1000円です。お近くの方はぜひいらしてくださいね!

(手塚)

ラグビーカフェで木製品贈呈式

 東日本大震災後、釜石地方森林組合では農林中央金庫と連携し、釜石大槌地域に地元産材の木製品を贈る活動を行っており、今年度は、大槌町立大槌学園に木製のテーブルとベンチのセット「道の駅釜石仙人峠」さんへの木製テーブルとベンチの寄贈させていただきました。今年度の最終回は、釜石市のシープラザ内の「ラグビーカフェ」と釜石市内中心部の「青葉ビル(釜石公民館)」への寄贈ということで、1月23日に贈呈式を開催しました。

ラグビーカフェへは展示棚(写真中央)、青葉ビルへは中庭のウッドデッキとベンチ、プランターケースです。(ウッドデッキは現地に設置済みのため、写っていません。

 この展示棚、何に見えますか?

そうです、ラグビーボールです!

高さ2メートルもあり、なかなかの迫力。釜石産のスギの集成材(小さな木材を張り合わせて接着したもの)でできています。上から2段目の部分には、写真が貼れるようになっています。

道の駅釜石仙人峠の屋外テーブルセットと大槌学園のテーブルセットにひきつづき、デザインは釜石を拠点に設計をしている宮崎建築事務所さんにお願いしました。「ラグビーカフェ」のシンボルにふさわしいインパクトと親しみやすさを兼ね備えたオブジェです。

 一方の、青葉ビルのプランターとベンチは、公民館になっている青葉ビルの利用者、職員のみなさんと一緒に組み立てたものです。若干、釘を打った跡がまがっているのも味になっています。たくさんの人にかかわっていただき愛着を持ってもらえるとうれしいですね。製作は、展示棚、ウッドデッキ等すべて遠野のノッチアートさんです。

 

 この取り組みは、復興の拠点となる施設や、地域の農林水産業や観光の振興に取り組む団体に市町村をつうじて木製品を贈るもので、贈呈式には、農林中央金庫仙台支店の長井副支店長さん、県森林組合連合会の澤口専務、当組合の久保組合長、そして釜石市の野田市長、市ワールドカップ2019推進室の増田次長に参列いただいたほか、ラグビーカフェや青葉ビルの関係者のみなさまにも立ち会っていただきました。

長井さんからは「釜石市内各地の復興や農林水産品の販売に貢献するため、木製品の寄贈を続けてきたが、今度も復興に役立つ品を寄贈していきたい」、野田市長からは「東日本大震災からまもなく6年目を迎え、復興は着実に進んできた。木製品を市内中心部の復興に活用するとともに、ワールドカップを一層盛り上げるために役立てたい」とのご挨拶をいただきました。

 

 ラグビーカフェは週末を中心にオープンしており、さまざまなイベントも開催されているのでまだ行ったことのない方はぜひ、釜石駅横のシープラザ3階に行ってみてくださいね。

 

 農林中央金庫さんによる支援は次年度も継続されますので、釜石市、大槌町で木製品の寄贈プロジェクトにご関心のある方は、当組合の参事・高橋か手塚までお問い合わせください。(施設の趣旨や利用状況の聞き取りに基づいて、農林中央金庫さんが支援先を決定します)

(木製品開発等担当=手塚)

鵜住神社御神木の伐採が完了しました

 新聞やテレビでも取り上げていただきました鵜住(うのすみ)神社の御神木伐採作業は9日に無事完了しました。連日気にかけていただいた神社総代の皆様などご関係者様、近隣の皆様、ご協力ありがとうございました。

 作業は1月4日の安全祈願のご祈祷、周囲のスギの枝払いから始まり、5日にも枝払いなど準備を実施。6日にクレーンが入り、6日と9日に御神木の伐採を行いました。

 先日の記事 にも書きましたが、御神木は樹齢300年ほどのクロベ(クロケヤキ)で、釜石市文化財にも指定され、地域に親しまれてきましたが、キツツキの巣穴と見られる穴が多数開くなど傷んでいて、傾いているのが目で見ても分かるほどになってきたため、当組合理事も務める神社関係者から依頼を受け、伐採することになりました。

 

まずは、クレーンが入るのに先立って、作業に支障をきたす可能性のある周囲のスギの枝を払いました。

 

その後の6日にいよいよクレーン車が登場。本格的な御神木伐採作業が始まりました。まずは、クレーンで吊ったワイヤーを御神木の切断部分の上部にかけます。伐った部分を下に落とさず、そのままクレーンで吊り上げて降ろすためです。

ワイヤーがきちんとかかったのを確認して、御神木にチェーンソーを入れます。御神木は高さ約30メートルほど。クレーンで吊り上げる重量には制限があるので、あまり重くならないよう長さを考えながら伐ります。細いところで1メートルほど、根元近くの太い部分は50〜60センチに短く伐って、安全に吊り上げました。

6日は本殿向かって右手の御神木を伐採し、9日に左手のものを伐採しました。

6日の伐採の様子を動画に収めました。動画はこちらです。

 

左手の御神木の一番太い部分。中心部は少し傷んでいますが立派です。ほかの部分も、活用していただけるよう、丁寧に枝を落としました。

神社や総代の皆さんで活用方法を検討されているとのことです。

 

今回はかなり大規模な作業となりましたが、今回に限らず住宅地や学校など、建物や人の出入りが多い地域での伐採作業はいつも以上に慎重さが求められます。地域のみなさまのお役に立てるよう、職員一同、技術の向上に努めてまいります。

(手塚)

「道の駅釜石仙人峠」に木製テーブルなど寄贈

 釜石地方森林組合では農林中央金庫と連携し、釜石大槌地域に地元産材の木製品を贈る活動を2013年から行っており、先月には今年度の第1弾として、大槌町立大槌学園に木製のテーブルとベンチのセットを寄贈しました。第2弾は「道の駅釜石仙人峠」さんへの木製テーブルとベンチの寄贈、ということで、道の駅を訪れるお客様が100万人に達する!という記念セレモニーと合わせて、木製品寄贈式も開催されました。

ちなみに、記念すべき100万人目は静岡から車で旅をしているご夫婦。1ヶ月近くをかけて、東日本大震災の被災地域を回っていらっしゃるとのことで、八戸市から南下しているそうです。ご挨拶では、被災地の復興への思いとともに、静岡の防災についても語っていらっしゃいました。

(真ん中の御二人が静岡からご旅行中のご夫婦)

 

 この取り組みは、復興の拠点となる施設や、地域の農林水産業や観光の振興に取り組む団体に木製品を贈るもので、今回、農林中央金庫さんのご支援で、同金庫と釜石地方森林組合、岩手県森林組合連合会から寄贈させていただいたのは、コチラのテーブルとベンチ。

 

お気づきでしょうか……。

右の道の駅釜石仙人峠のロゴをモチーフにしています。道の駅の菊池駅長さんによると、山々とその間を流れる甲子川(かっしがわ)、そして、甲子川にかかる大橋(陸中大橋、でしょうか)をイメージしたロゴで、内陸と沿岸をつなぐ掛け橋に、との思いが込められているとのこと。釜石では一番内陸に近い甲子地区の道の駅らしいロゴなのです。

大槌学園のテーブルベンチと同じく、釜石や大槌で災害公営住宅や復興関連の建物の設計をしている宮崎建築事務所さんにお願いしました。駅長さんはテーブルの納品と同時に「これは道の駅のロゴでは!」と気づいたそうで、とても気に入ってくださいました。

 

道の駅では、地元の特産で今が旬の「甲子柿」や地元の野菜、お土産を販売しているほか、店内では釜石ラーメンも食べられます。お立ち寄りの際は、ぜひ道の駅の裏側、甲子川に面したスペースに置かれているテーブルとベンチをご利用くださいね。

 

農林中央金庫さんによる支援は次年度も継続されますので、釜石市、大槌町で木製品の寄贈プロジェクトにご関心のある方は、当組合の参事・高橋か手塚までお問い合わせください。(施設の趣旨や利用状況の聞き取りに基づいて、農林中央金庫さんが支援先を決定します)

(木製品開発等担当=手塚)

 

 

大槌学園に木製品を寄贈

 釜石地方森林組合では農林中央金庫と連携し、釜石大槌地域に地元産材の木製品を贈る活動を2013年から行っており、今年度の第1弾として、大槌町立大槌学園に木製のテーブルとベンチのセットを寄贈、9月20日に寄贈式を行いました。

 この取り組みは、復興の拠点となる施設や、地域の農林水産業や観光の振興に取り組む団体に木製品を贈るもので、今回は大槌町の復興のシンボルとして完成した大槌学園の木造校舎で児童生徒のみなさんに使っていただく製品をつくりました。

(実際は階段の真下ではなく、横のスペースに設置します)

 

 式典には、平野公三町長や伊藤正治教育長、農林中央金庫仙台支店の長井信介副支店長のほか、大槌学園9年生(中学3年生にあたります)の永井雄大さん、河合夏海さんも参加してくれました!

 当組合の佐々木光一代表理事組合長は「大槌学園のみなさんは5年間、仮設校舎での生活を送ってきましたが、新校舎は町産材を活用したまれに見る校舎。復活した大槌町のシンボルに、ひょうたん島をモチーフにしたテーブルと椅子を贈ります」、農林中金の長井副支店長からは「木製品を通じて復興を後押ししたい」と挨拶しました。

 

 平野町長は「木育を取り入れ、大槌の豊かな自然、そして自然と人とのかかわりを考える校舎を目指しており、このテーブルも児童生徒の多くが触れる場所に置き、町産材の学習にも役立てたい」と話してくださいました。永井さんは「支援に感謝しながら、感謝の気持ちを伝えられるよう、この校舎でがんばりたい」、河合さんは「このような校舎で生活するのが楽しみです」と、初めて入ったという木造校舎に興奮を隠しきれない様子でした。

 

 伊藤教育長によると、大槌学園は震災のあった2011年9月22日から仮設校舎で授業をしていたとのことで、ちょうど5年がたちます。新校舎は同町内で伐採したスギ、カラマツを中心に分厚い集成材がたくさん使われているほか、階段や壁の腰板など子どもたちが直接触れるところにも木材がいっぱいの校舎です。

伐採にご協力させていただいた当組合としてもすてきな校舎が完成してうれしい限りです!

 

 贈呈したテーブルセット(2セット)は、大槌町産のスギの集成材を使っていて、同町のシンボルの「ひょうたん島」(蓬莱島)をモチーフに、釜石を拠点に災害公営住宅や公共施設などの設計をしている宮崎達也さん(宮崎建築事務所)が手がけました。宮崎さんによると「子どもたちがけがをしにくく、やわらかい見た目になるように、角を全て丸く面取りして曲線的な造形にした」とのこと。 厚い集成材を使うことで耐久性にも配慮されています。製作は遠野市のノッチアートさんが手がけました。側面の円が太平洋から昇ってくる太陽を思わせて、かわいらしく大槌らしいテーブルとベンチです。

 

 次年度も、農林中金さんのご協力を得て、釜石大槌地域への木製品寄贈を継続する予定ですので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。(一次産業振興への貢献など、贈呈には基準があるため、希望されるすべての団体へは寄贈できませんので、ご了承ください)
●問い合わせ 釜石地方森林組合(0193・28・4244) 担当:高橋、手塚

金町学園さんの受入れを行いました

 最近、「箸づくり」の道具づくりに執念を燃やしている当組合T参事ですが、先月のモニターさんによる体験を経て、ようやく、本格的に、箸づくりのプログラムを実施できることになりました。

体験してくれたのは、8月4日に当組合に体験に来た金町学園さんです。

 

 午前中は、間伐現場で、丸太を出したところに残っている枝や葉を集めてもらう「木質バイオマス集材体験」と間伐作業の見学をしました。「木質バイオマス」は、市内の新日鉄住金釜石で、石炭に混ぜて燃やし、発電している、いわばエネルギーの原料ともいえるものです。

すでに間伐をして丸太は出したエリアに入ってもらい、地面に残っている枝や葉っぱをみんなで集めました。

なかなか暑い日でしたが、みんながんばりましたね!

 

 林業の世界では「高性能林業機械」と呼ばれている重機のひとつ「フェラバンチャー」が登場。フェラバンチャーが立木を切る様子を見学してもらいました。金町学園は、聴覚に障がいを持っている子どもたちが多いとのことですが、引率の方が手話で通訳をしてくれたので、みんな間伐の意味や仕事についての説明もしっかり聞いてくれました。

 

作業を見てもらった後は、特別に……。

1人ずつ、オペレーターといっしょに機械に乗って、木を切ってみました。たのしそうですね!

 

 午後からは事務所に戻り、my箸づくり体験です。

当組合では、箸づくり用に、スギ、竹、けやき、クロモジなどの木材を用意していますが、今回はいちばんつくりやすいスギでつくりました。台の溝に木を固定しかんなをかけていきます。3つの溝を使って徐々に形を整えたら、やすりで丁寧に仕上げ、最後に蜜蝋ワックスをかけたら完成! 1時間ちょっとで仕上がりました。

 

普段はなかなか山に入る機会は少ない子どもたちに森や木材に触れ合ってもらいました。

金町学園のみなさん、また来てくださいね!

(体験受入れ担当=手塚)

「千代田の森」で下刈り作業

 5月に千代田化工の社員のみなさんと植樹をした「千代田の森」。7月29、30日に9名の社員のみなさんが下刈り作業の活動をしました。

「下刈り」というのは、いわゆる草刈です。地味に見えますが、一連の林業の仕事のなかでも、もっともきついといわれる真夏の作業です。この春植えたばかりのスギや広葉樹はまだ20センチほどしかないので、まわりを雑草に覆われてしまうと光が当たらなくなってしまいます。苗の光合成を助けるため、炎天下の下、皆さんに作業をしてもらいました。

 

これまでも何度か当組合で活動している方から、今回はじめての方までいらっしゃいましたが、1人1本、大きな鎌を手にみなさん、黙々と作業。「鎌」というと、小さいものを想像しますが、林業用の鎌は、大きく広い面積を刈るのに適しています。苗を間違えて切らないよう気を遣いながら、雑草を刈っていきました。

 

また、作業後の夕方には、当組合が現在開発している家具や木製の小物についての意見交換の時間をいただき、家具の販売ルートやオフィスで使いたい木製小物についてのアイデアをたくさん出していただきました。

 

 今回は、金曜日の午後と土曜日の午前中の計丸いち日分の作業でしたが、約1ヘクタールある「千代田の森」に加えて、その道路向かいにある「みんなの森」(3月に復興祈念植樹をした現場)の一部も刈って下さいました。

 

最後は、この現場の所有者さんとみなさんとで記念撮影。

あいかわらずパワフルなみなさんのおかげで、予定以上に作業が進みました。

千代田化工のみなさん、ありがとうございました!

(視察・体験担当=手塚)

大槌学園職場体験を受け入れました

 昨年に引き続き7月1日に大槌学園中学部の職場体験の受入れを行いました。

大槌学園は現在は仮設校舎で授業を行っていますが、秋には立派な木造校舎が完成予定。

ということで、地元の林業や木材について知ってもらうべく、教員免許保持者で大槌町民でもある佐々木事業課長が、座学と実習とで林業の仕事について紹介しました。

座学では、森林組合の仕事や間伐が自然環境に与える効果などを説明。笑いの絶えない楽しい時間をすごしてもらいました。

続いては、事務所前の貯木場に出て、高性能林業機械が丸太を切る様子を見学。思った以上に現代的な作業で驚いた様子でした。チェーンソーに触れるのは初めてという生徒さんばかりでしたが、チェーンソーの重さやエンジンの音を体験してもらいました。

 

その後は、林業の基礎を感じてもらおうということで、生徒さんたちにのこぎりを持ってもらい、自分たちで丸太を切ってもらいました。短い時間の体験でしたが、林業の仕事を少しでも感じてもらえたでしょうか。

新しい校舎が完成したら、この校舎のための木を伐採した森林組合のことも思い出してもらえたらうれしいですね。

(手塚)

 

<<back|<1234567>|next>>
pagetop